今すぐ行動しないと手遅れ!理学療法士の将来不安を吹き飛ばす必勝法

当ページのリンクには広告が含まれています。

今すぐ行動しないと手遅れ!理学療法士の将来不安を吹き飛ばす必勝法

皆様、理学療法士の将来に対して不安だと思っていませんか?結論。今から行動しないと将来は安泰ではありません。理学療法士は増えすぎているため、一人一人の給料を大幅に上げる事は困難になっています。そのため質もあまり評価されていません。しかしここで諦めるべきなのか?そんな事はありません。この記事では将来を明るくするために今から行動できる手段を解説しています。

unwavering ptを運営している月太郎です。日々の経験の中から、皆様の悩みを解決するとともに、新たな人生の第一歩を踏み出せるよう転職サイトを紹介しています。

目次

理学療法士の何が将来不安?

理学療法士の何が将来不安

現役理学療法士が将来が不安になっている人は多くいます。その中でどのような点が不安なのかについては下記の通りです。

  • 給料はどうなるのか?
  • 就職先は無くなるのか?
  • 競争が激化するのか?
  • 老後も不安なく生きていけるのか?

それぞれ順番に解説していきます。

給料はどうなるのか?

1番不安に思う点です。現実的に理学療法士の平均給料は以下の表の通りです。

職種/年収・給与・賞与額年収給与額(月給、月収)年間賞与額
PT・OT・ST447万8000円31万3700円71万3600円

この平均給料は447万円ですが、実際は400万円に到達しない人がほとんどです。特に働き盛りの中堅理学療法士でさえ400万円行くか行かないかです。

今後給料が増えていくかに関しては結論、大きく増える事はないでしょう。理学療法士が増えすぎている事が問題でなかなか給料は上がりません。

下記の記事では、20代理学療法士の手取りに関しては解説しています。是非ご覧ください。

理学療法士の給料事情!20代セラピストの手取りは?

月太郎

理学療法士増えすぎな問題はかなり深刻

就職先は無くなるのか

結論。今現在ではまだ無くなる事はないですが、好条件の案件はどんどんなくなってきます。

厚生労働省のデータによると、理学療法士の数は増加傾向にあり、将来的な職場の飽和が懸念されています。これは、特に新卒の理学療法士が直面する問題であり、将来の不安として認識されています。

医療従事者の需給に関する検討会 理学療法士・作業 … – 厚生労働省

理学療法士・作業療法士は2040年頃には供給数が約1.5倍となると予測されています。

月太郎

好条件は職場に転職するなら今がチャンス。

下記の記事では当サイトイチオシの転職サイトであるレバウェルリハビリに関して解説してあります。是非ご覧ください。

レバウェルリハビリは本当に大丈夫?口コミから網羅的に徹底解説

競争は激化するのか?

現時点で、理学療法士協会は登録理学療法士や専門理学療法士、認定理学療法士という資格を推奨しています。結論。資格は1番簡単に実績を評価できるため、すでに理学療法士の競争は始まっています。

月太郎

資格を取るにもお金がかかり、競争に勝つためにもお金がかかる。

競争が激化する前に転職をして好条件のポジションを確保しておく事が1番お金もかかりません。

下記の記事では当サイトおすすめの転職サイトを3つ解説しています。是非ご覧ください。

理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ

老後も不安なく生きていけるのか?

結論。現在の年収が500万円以下であったらかなり厳しいです。

このままいくと老後4000万円必要となるそうです。単純計算してもまず貯められません。

働き方によっては年収1000万円を狙えはします。実現するためには副業をするかしないかで決まります。

下記の記事では理学療法士で年収1000万円稼ぐコツについて解説しています。是非ご覧ください。

理学療法士が目指す年収1000万円!成功へのロードマップ

月太郎

理学療法士を、求めている方はたくさんいます。

今後理学療法士のキャリアパス

今後理学療法士のキャリアパス

これから就職先がなくなっていく中で病院や訪問リハビリテーションなどの他にどのような働き方があるか気になりませんか?

理学療法士のキャリアパスは多様です。例を出すと以下の通りです。

  • スポーツ関連施設
  • 一般企業
  • 独立企業
  • 海外進出

というように多様にあります。

一般企業も外資系を狙うと年収アップが期待できます。

医療業界の変化と理学療法士への影響

医療業界の変化と理学療法士への影響

時代が進むにつれて医療業界の変化が理学療法士の将来に影響を与えるようになってきています。

理学療法士は医療が進歩している中で常に最先端を追わなければなりません。

それは、技術革新や高齢化社会の進展が業務内容や求められるスキルを変化させるからです。例えば、AIやロボット技術の導入により、従来のリハビリ手法が大きく変わりつつあります。理学療法士はこれらの変化に柔軟に対応する必要があります。

テクノロジーの進化

新しいテクノロジーの導入により、リハビリテーションの方法が進化しています。例えば、AIを活用したリハビリプログラムは、患者一人一人に最適なリハビリ方法を提供することが可能です。これにより、より効率的かつ効果的なリハビリが実現できます。

高齢化社会の影響

高齢化社会が進む中で、理学療法士の需要は増加しています。高齢者の健康維持や介護予防のためのリハビリテーションが求められるためです。しかし、同時に介護現場の負担も増しており、労働環境の改善が急務となっています。

新しいリハビリ手法

近年、新しいリハビリ手法が次々と導入されています。例えば、VR(仮想現実)を用いたリハビリテーションは、患者のモチベーションを高め、リハビリの効果を向上させる効果があります。こうした新しい手法を取り入れることで、理学療法士は更なるスキルアップが求められます。

月太郎

新しいものを取り入れれば良いわけではありません。従来から伝わる基本的な概念な必要です。

給与と雇用の安定性

給与と雇用の安定性
給与と雇用の安定性

*理学療法士の給与と雇用の安定性について考えます。理学療法士の給与は、他の医療職と比較して低めであることが多く、これが将来不安の一因となっています。それは、医療現場の財政状況やリハビリテーションの評価方法に起因しています。例えば、公的機関のデータによれば、理学療法士の平均給与は他の医療職に比べて低い傾向があります。結論、給与の改善と雇用の安定性を図るためには、制度の見直しや職場環境の改善が必要です。

初任給と昇給の実態

初任給は他の医療職に比べて低めですが、経験を積むことで昇給の機会もあります。ただし、その昇給幅は限られていることが多いです。

雇用の安定性とその指標

雇用の安定性は、病院やクリニックなどの勤務先に依存します。大規模病院では安定した雇用が期待できますが、小規模クリニックでは不安定なこともあります。

月太郎

実際に大規模病院は安定性抜群ですが給料が・・・

業界の給与水準比較

業界全体での給与水準を他の医療職と比較すると、理学療法士の給与は低めです。これには、診療報酬の設定や業務の評価方法が影響しています。実際の他職種との年収の差は以下の表の通りです。

職種/年収・給与・賞与額年収給与額(月給、月収)年間賞与額
PT・OT・ST447万8000円31万3700円71万3600円
看護師521万9640円35万9900円90万840円
診療放射線技師557万6740円38万800円100万7140円
臨床検査技師560万9900円38万7000円96万5900円

厚生労働省:令和4年度賃金構造基本統計調査より

月太郎

圧倒的に低いです。

これからの技術革新と理学療法士

これからの技術革新と理学療法士
これからの技術革新と理学療法士

技術革新が理学療法士の役割にどのような影響を与えるかを考えます。技術革新は理学療法士の業務内容を大きく変えつつあります。それは、新しい技術が導入されることで、より高度なリハビリテーションが可能になるからです。例えば、ロボティクスを用いたリハビリ機器は、患者の回復をサポートするだけでなく、理学療法士の負担を軽減します。技術革新に対応できるスキルを身につけることが重要です。

最新技術の導入

最新技術の導入により、リハビリテーションの方法が進化しています。例えば、ロボティクスを活用したリハビリ機器は、患者の回復をサポートし、理学療法士の負担を軽減します。

AIとリハビリテーション

AI技術を活用したリハビリプログラムは、患者一人一人に最適なリハビリ方法を提供することが可能です。これにより、より効率的かつ効果的なリハビリが実現できます。

将来の技術展望

将来的には、さらに高度な技術が導入されることが予想されます。これにより、理学療法士の役割も進化し続けるでしょう。

ここでも不安要素はAIやロボティクスが発展しすぎて理学療法士が不要になるのではと懸念があります。

月太郎

理学療法士にとって怖い世の中になってきました。

理学療法士が取るべき対策

理学療法士が取るべき対策
理学療法士が取るべき対策

理学療法士が将来不安に対処するために取るべき対策について解説します。理学療法士が将来不安を感じる理由として、労働環境や給与の問題があります。

それは、これらの要素がキャリアの安定性に影響を与えるからです。例えば、スキルアップやコミュニケーション能力の向上は、将来不安を軽減するために有効な対策です。結論。自己研鑽と生涯学習を続けることが重要です。

スキルアップの方法

理学療法士としてのスキルアップには、継続的な学習と実践が不可欠です。例えば、最新のリハビリ技術や手法を学ぶことで、患者への対応力が向上します。

コミュニケーション能力の向上

効果的なコミュニケーション能力は、チーム医療の現場で重要です。患者や同僚との円滑なコミュニケーションが、業務の効率化と信頼関係の構築に繋がります。

以下の記事では、職場での人間関係を乗り越える方法を解説しています。是非ご覧ください。

クズな理学療法士の対応に悩むあなたへ:解決策ガイド

生涯学習の重要性

理学療法士としてのキャリアを持続させるためには、生涯学習が必要です。継続的に知識と技術を更新することで、最新の医療技術に対応できるようになります。

月太郎

取るべき対策でなんだかんだで1番は転職です。転職について次に説明します。このまま読み進めましょう!

転職・キャリアチェンジの選択肢

転職・キャリアチェンジの選択肢
転職・キャリアチェンジの選択肢

理学療法士の転職やキャリアチェンジの選択肢について解説します。

理学療法士が将来不安を感じる理由の一つに、現状の職場環境や給与の問題があります。

それは、これらの要素がキャリアの安定性に大きく影響するためです。例えば、フリーランスとしての活動や他業界への転職など、新たなキャリアパスを模索することが有効です。

結論、転職支援サービスの活用やスキルアップを通じて、キャリアチェンジを検討することが重要です。

他業種への転職事例

他業種への転職は、新たなスキルを習得し、異なる環境での経験を積む絶好の機会です。例えば、医療機器メーカーや福祉関連企業でのキャリアは、理学療法士の専門知識を活かすことができます。

フリーランスとしての活動

フリーランスとしての活動は、理学療法士としての自由度を高め、自己のペースで仕事ができるメリットがあります。オンラインプラットフォームを活用して、個別リハビリセッションを提供することが可能です。

転職支援サービスの活用法

転職支援サービスを利用することで、理学療法士としてのキャリアチェンジをスムーズに進めることができます。これらのサービスでは、専門のコンサルタントがキャリアプランをサポートしてくれます。

月太郎

当サイトも転職をする際には必ず転職サイトを利用する事をすすめています。

当サイトおすすめの転職サイトを下記の記事で解説しています。是非ご覧ください。

理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ

資格取得とスキルアップの重要性

資格取得とスキルアップの重要性
資格取得とスキルアップの重要性

理学療法士で将来の不安を解消させるために、資格取得とスキルアップは非常に重要です。技術革新とともに医療現場で求められるスキルが高度化しているからです。

例えば、専門資格の取得は、キャリアの幅を広げ、職場での評価を高める効果があります。結論として、資格取得とスキルアップは、理学療法士としての成長に不可欠です。

専門資格の種類

理学療法士が取得可能な専門資格には、運動療法士、心臓リハビリテーション指導士などがあります。これらの資格を取得することで、特定の分野での専門性を高めることができます。

資格を取得するにも職場の休日が多かったり休みが取りやすかったりするとストレス軽減されます。

以下の記事は理学療法士の休みに関して解説してあります。是非ご覧ください。

理学療法士の休みは少ないのか?あなたの職場は大丈夫?

資格取得のメリット

資格を取得することで、専門性が高まり、職場での評価が向上します。また、転職やキャリアチェンジの際にも有利に働きます。

セカンドキャリアとしての選択肢

セカンドキャリアとしての選択肢
セカンドキャリアとしての選択肢

理学療法士としてのセカンドキャリアの選択肢について解説します。セカンドキャリアを考える理学療法士は多く、教育者や研究者、起業家など多様な道が開かれています。

それは、理学療法士としての経験と知識が、他の分野でも活かせるためです。例えば、教育者として後進の育成に携わることで、理学療法の発展に寄与することができます。結論、セカンドキャリアとしての選択肢を広げることで、将来不安を解消し、豊かなキャリアを築くことが可能です。

教育者としての道

教育者としての道は、理学療法士としての知識と経験を後進に伝える役割を担います。大学や専門学校で教鞭を執ることで、次世代の理学療法士を育成することができます。

研究者としての道

研究者としてのキャリアは、新たなリハビリ技術や手法の開発に貢献します。研究機関や大学での研究活動を通じて、理学療法の発展に寄与することができます。

月太郎

上記2つはやりがい面が大きい。収入としてはピンキリです。

起業やビジネスの立ち上げ

理学療法士としての知識を活かし、起業やビジネスを立ち上げることも一つの選択肢です。リハビリ関連のサービスや製品を提供することで、新たな市場を開拓することができます。

月太郎

上手く軌道にのれば収入アップの可能性大!

理学療法士の将来不安に関するQ&A

理学療法士の将来不安に関するQ&A
理学療法士の将来不安に関するQ&A
理学療法士の将来に対する不安は何ですか?

理学療法士の将来に対する主な不安は、職場環境の変化や職業の需要の変動、技術の進化に伴うスキルの陳腐化、給与や待遇の不安定さ、キャリアの選択肢の限界などです。

理学療法士としてのキャリアの長期的な安定性はどうですか?

理学療法士のキャリアは、人口の高齢化や健康意識の高まりにより需要が高まる一方で、技術の進化や医療制度の変化によって影響を受ける可能性があります。継続的なスキルアップや新しい分野への挑戦が重要です。

技術の進化によって理学療法士の役割はどのように変わりますか?

技術の進化により、リモートリハビリテーションやAIによる診断補助など新しい治療法が登場し、理学療法士の役割も変化する可能性があります。これに対応するために、新しい技術の習得や柔軟な対応が求められます。

理学療法士がキャリアの途中で転職を考える場合、どのような選択肢がありますか?

理学療法士がキャリアの途中で転職を考える場合、医療管理や教育、研究、リハビリ関連の企業など多様な選択肢があります。また、フリーランスとして独立する道もあります。

理学療法士としての将来に対する不安を軽減するためにはどうすればよいですか?

理学療法士としての将来に対する不安を軽減するためには、継続的な教育やスキルアップ、ネットワーキング、自己管理能力の向上、複数のキャリアオプションを視野に入れることが重要です。また、最新の医療技術やトレンドに対する情報収集も欠かせません。

まとめと未来への展望

まとめと未来への展望
まとめと未来への展望

ここまで理学療法士の将来が不安になる原因から解決策まで解説してきました。皆さんどうですか?私は、1番の将来が不安になる理由は低賃金による老後生活の不安が1番強いと思います。この問題を少しでも解決するには、これから理学療法士の競争が激化する前に好条件の職場に転職する事がまず初めに取り組んだ方がいいと思います。この記事が皆様の不安解決の一助になれたら幸いです。

最後に下記の記事では転職を成功させるコツに関して解説しています。是非ご覧ください。

理学療法士の転職成功へのカギ:戦略的テクニックと必勝法

月太郎

あなたの悩み解決は俺に任せろ!月太郎でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大型超急性期病院勤務の理学療法士(経験年数10年)の月太郎です。
このサイトは、中堅理学療法士向けに悩み解決と、おすすめの転職サイトを紹介しています。今回お会いできたことをきっかけに人生右肩上がりに変えていきましょう!

月太郎
このサイトは、中堅理学療法士向けに悩み解決と、おすすめの転職サイトを紹介しています。今回お会いできたことをきっかけに人生右肩上がりに変えていきましょう!

カテゴリー

アーカイブ

目次