理学療法士が語るきつい仕事の裏側と生き抜くコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。

理学療法士が語るきつい仕事の裏側と生き抜くコツ

理学療法士の業務がきつくて悩んでいませんか?きつい理由には業務の他に人間関係もあります。きつさには様々な要因がありますね。ここで、理学療法士はきついと思って悩んでいるあなたに具体的な解決策を用意しました。

unwavering ptを運営している月太郎です。日々の経験の中から、皆様の悩みを解決するとともに、新たな人生の第一歩を踏み出せるよう転職サイトを紹介しています。

目次

理学療法士はきつい

理学療法士はきつい
理学療法士はきつい

理学療法士の仕事は、多くのきつい出来事があります。これには身体的な負担や精神的ストレスが含まれますが、効果的な対処法によってこれらのストレスを管理することが可能です。

理学療法士のきつい事その1: 人間関係

理学療法士のきつい事その1: 人間関係
理学療法士のきつい事その1: 人間関係

理学療法士が直面する主な人間関係の問題には、上司、部下、他職種、患者との関係があります。これらの関係は、職場でのストレスの主要な源となることがあり、特に意見の相違やコミュニケーションの問題が発生しやすいです。

上司との関係

上司との関係は、特にマネジメントスキルが低い上司のもとではストレスの原因となることがあります。解決策としては、適切なコミュニケーション技術の習得、上司よりも更に上司に相談することが有効です。

月太郎

頭の固い上司は本当に大変。臨機応変さがなく物事が先に進まない事が多いです。

部下との関係

部下の指導は時間と忍耐が必要ですが、効果的な教育技術、部下のメンタルケアをする事が必要となります。

月太郎

最近は打たれ弱い子、自分からアクティブに動けない子が多いです。昭和、平成の考えで進むと部下が潰れやすいので飴をおおめにしておきましょう。

他職種との関係

医療現場でのチームワークは、患者に対する包括的なケアを実現するために不可欠です。理学療法士は、医師、看護師、その他のリハビリスタッフと連携し、患者の治療計画を立案し実施します。

このプロセスでは、各スタッフの専門知識を活用し、患者のニーズに対応するための総合的なアプローチを取ります。

効果的なチームワークを築くためには、明確なコミュニケーション、相互尊重、そして目標に対する共通の理解が必要です。しかし、異なる専門分野間のコミュニケーションは、時に課題を生じさせ、チーム内の意見の不一致や誤解が発生することもあります。時には責任の、押し付け合いもあったり。

月太郎

多職種の意見を一致させることはとてもむずかしい。意見の言い合いで関係が悪くなることもあるので要注意。

人間関係で悩んでいる方は以下の記事をご覧ください。

クズな理学療法士の対応に悩むあなたへ:解決策ガイド

患者さんとの関係

患者との関係構築は、理学療法士にとって重要な要素です。信頼関係を構築するためには、共感的なコミュニケーションスキルと患者のニーズに対する敏感さが必要です。

月太郎

患者さんは、常に毎日不安との闘いです。時には誰かに当たることもありますが共感してあげることが不安解消になります。

※暴力などは例外です。

患者さんの対応で困っていてストレスの方は下記の記事で対応策を解説していますのでご覧ください。

理学療法士必見!苦手な患者と上手に向き合うコツ

理学療法士のきつい事その2: オーバーワーク

理学療法士のきつい事その2: オーバーワーク
理学療法士のきつい事その2: オーバーワーク

多数の患者を担当することや、業務過多はオーバーワークを引き起こし、これが理学療法士にとってのストレスとなります。

担当患者数が多すぎる

多数の患者を担当することは、ストレスと疲労の大きな原因です。時間管理のスキルや業務効率化を図ることで、この問題を軽減することが可能です。

月太郎

私は、担当患者数が30人を超えたことがあります。情報収集や時間配分などとても気にすることになり多大なストレスでした。オーバーワークすぎて事故にも繋がりやすいから注意。

単位のノルマ

定められた単位数の達成はストレスの原因になりますが、効率的な業務の割り当てと計画的なアプローチにより、このプレッシャーを管理することができます。

月太郎

単位のノルマはストレスの一つですね。中には一日ノルマ24単位というところもあるみたいです。私なら辞めます。

単位ノルマでつらい方は下記の記事で解決策を解説していますのでご覧ください。

単位ノルマと向き合う理学療法士の日常とは?プロが直面する …

重介助の身体介助

重い患者の介助は、身体的な負担が大きいですが、適切な身体的技術と助け合いをする事で、これらの負担を軽減することが可能です。

月太郎

体重が重くて全介助の患者さんの身体介助はとても大変。腰を壊しかねないので一人でやらないことが大切。

理学療法士のきつい事その3: 残業が多い

理学療法士のきつい事その3: 残業が多い
理学療法士のきつい事その3: 残業が多い

理学療法士は長時間労働に直面します。これは緊急の患者対応や治療の必要性により、予定外の残業が発生したりします。

長時間の勤務は、仕事の質に影響を及ぼすだけでなく、プライベートな生活や家族との時間にも影響を与えることがあります。また、継続的な長時間労働は、理学療法士の身体的および精神的な健康に悪影響です。

カルテ記載に時間がかかる

詳細なカルテ記載は時間がかかりますが、効率的な記録方法やデジタルツールの利用により、この作業を効率化することが可能です。時間管理と優先順位付けを行うことで、業務の負担を軽減することができます。

月太郎

カルテは多く書いた方が偉いという訳のわからない評価がまだ残存します。的確に要点だけを絞っての記載で充分。

書類業務が多い

書類業務の多さもまたストレスの一因です。タスク管理ツールやデジタル化を活用して効率を高め、業務の負荷を軽減します。

月太郎

書類は本当ストレスですよね。実施計画書、総合実施計画書。ただでさえ多忙な一日にこれが追加となるとカオスです。

業務時間外に勉強会がある

業務時間外の勉強会や研修への参加は重要ですが、自己管理とバランスの取り方が鍵です。自分の時間を大切にし、適切な休息を取ることで、ストレスを軽減できます。

月太郎

新人の頃は時間外でも気になりませんでしたが、家庭を持つと業務時間内にやってほしいという気持ちが強くなりました。

研究をたくさんしなくてはいけない

気合いを入れて研究をたくさんしている施設があります。研究はとても時間と労力を使います。研究活動は重要ですが、業務とのバランスを見つけることが重要です。自分の能力と時間を考慮に入れ、現実的な目標を設定することが重要です。

月太郎

私は、臨床業務が多忙すぎるので研究には手が回りません。臨床と研究バランスよく業務調整されていないと困難ですね。

残業が多くてつらい人は下記の記事をご覧ください。

理学療法士が知るべき残業の現実と働き方改善の具体策と実践例と健康管理

理学療法士のきつい事その4: 自己研鑽にお金や時間がかかる

5.理学療法士のきつい事その3:自己研鑽にお金や時間がかかる
5.理学療法士のきつい事その3:自己研鑽にお金や時間がかかる

専門的な認定や資格の取得、学会や研修会への参加は、自己研鑽には不可欠ですが、時間と費用がかかるため、これがストレスとなることがあります。

認定を取るにもお金、時間がかかる

専門的な認定や資格の取得はキャリアアップに重要ですが、これには時間と費用の両面で投資が必要です。計画的に進めることで、これらの負担を軽減できます。

月太郎

最近は、認定、資格が多くなりましたね。難点は時間とお金がかかり、更に更新するのにもポイントを取らないといけないことです。これも時間とお金がかかります。

学会参加

学会への参加は専門知識の更新に役立ちますが、時間とコストの管理が重要です。オンライン参加の選択肢を検討することも一つの方法です。たまに、学会のお手伝いもあったりします。貴重な休みが潰れる事があるので辛いです。

月太郎

学会参加はたしかに大切。ただ、学会参加をたくさんしてるから偉い訳じゃないです。参加する学会はよく吟味しましょう。

勉強会、研修会参加

勉強会や研修会は自身の専門性を高める機会ですが、これらに参加する際は、個人の時間とエネルギーのバランスを考慮することが重要です。

月太郎

勉強会や研修会の参加は自分を磨く上でとても重要です。様々な事情でたくさん行けない人もいると思います。私は、一番の学ぶ場は日々の臨床だと思います。

理学療法士のきつい事その5: 後輩指導、実習生の指導が大変

理学療法士のきつい事その5: 後輩指導、実習生の指導が大変
理学療法士のきつい事その5: 後輩指導、実習生の指導が大変

後輩や実習生の指導は、追加の責任と労力を要するため、理学療法士にとって大きなストレスとなります。

後輩指導は大変

後輩の指導は、経験と知識を共有する機会ですが、同時に時間と労力を要する作業です。効果的なコミュニケーションと教育技術の習得が重要です。臨床業務だけでなくカルテ、書類業務があります。仕事を覚えはじめるまでは、フォローの毎日です。

月太郎

一人のセラピストとしてはたらけるまで時間がかかります。3年はかかりますね。後輩指導はしっかりとやると本当に大変ですが仕方ないっすね。

実習生指導は大変

実習生の指導は将来の理学療法士を育成する重要な役割ですが、十分な時間を確保し、指導に対するストレスを管理する必要があります。最近は、クリニカルクラークシップ(clinical clerkship)となっているため、従来の根性実習がなくなりました。レポートも作らないでよくなっています。

たしかに指導者の負担は少ないですが学生の思考判断能力が向上していかなさそうです。体験を大事にする実習なので、体験の中で網羅的に指導することはかなりむずかしかったです。

月太郎

指導のコツは最初から求めすぎない事です。初めは答えを教えてあげるスタンスで少しずつ自分で考えさせれば学生も成長してきます。

月太郎おすすめのきつい理学療法士の解決策

月太郎おすすめのきつい理学療法士の解決策
月太郎おすすめのきつい理学療法士の解決策

unwavering ptの「月太郎」は、理学療法士が直面するこれらの挑戦に対して、具体的な解決策を提案します。

人間関係

苦手な人との距離を保ちつつ適切なコミュニケーションを維持することが大切になります。以下に解決策を解説していきます。

上司

上司との人間関係は様々な問題が生じてきます。例えば、新しい事を始めようと奮闘しているとします。奮闘している時は上司からみたら目につきます。よく、出る杭は打たれると言われるように現実にそうなります。そうなってしまうのは人間の心理なのかはわかりませんが高確率で打たれます。

月太郎

解決策としては、打たれる前にうまく上司をたてて味方にしてしまう。味方に、つけちゃえば勝ちです。反発するとずっと続きます。

部下

部下との人間関係も大変ですね。上に立つということは少なからず部下の指摘もしなければいけません。

理にかなった指摘は効果的ですが、感情に任せて理にかなわない指摘をしてしまうと誰もついてきてくれなくなりますので要注意です。あまり甘くしすぎても上司がどうにかしてくれるなど甘えられてしまうこともあります。

月太郎

解決策としては、指摘はしすぎても効果なし。ここぞという時に指摘する。その時に大切なのは感情的にならず理論的に指摘しましょう。

他職種

理学療法を実施するにあたって他職種との連携は必要不可欠です。他職種がうまく連携できれば理学療法の効果も向上します。しかし、その連携が破綻してしまった場合はマイナスに向かってしまいますので要注意。

月太郎

他職種で意見の言い合いで揉める事もあります。私も何度か揉めました。この時気づいたら事は、よく話し合ってお互いの意見を取り入れながらまとめる事が有力でした。

患者さん

明瞭で共感的なコミュニケーションは、患者との信頼関係を構築するために欠かせません。

患者に理解しやすい方法で治療のプロセスや期待を説明し、患者さんの質問や不安に耳を傾けることが大切です。こうすることで、患者さんは治療に対する理解を深め、積極的に治療に取り組むようになります。

月太郎

患者さんは常に不安を抱えています。特にこの先の不安が強い。理学療法士はしっかりとゴール設定をして患者さんに説明してあげるべきだと思います。

オーバーワーク

オーバーワークを解決するためには、業務の優先順位付けや効率化を行うことが大切です。

例えば

  • 担当患者数が多い
  • 単位のノルマが大変
  • 重介助の身体的負担

それぞれ解決策を解説していきます。

担当患者数が多い

担当患者が多すぎる場合はチーム内で介入単位数が2単位以上の患者さんがいる時は印をつけてチーム内のパワーバランスをみましょう。

そうすると担当患者が多くて介入単位数が2単位以上の患者さんをたくさん担当しているセラピストがいた場合はそのセラピストがオーバーワークとなっています。

パワーバランスをしっかりみてコーディネートする事をおすすめします。

単位のノルマが大変

単位のノルマは基本的に18単位の施設が多いです。中には、24単位というところもあります。

そして、内部事情を見てみると単位のノルマがありながらカンファレンスが入り込んでどんどん単位を取る事に追われるという事例があります。

かなりのストレスですしオーバーワークです。解決策としては、上司にカンファレンスの時間分は単位ノルマを減らしてもらえるように相談しましょう。

それでも変わらないようであれば心身が限界が来る前に転職をおすすめします。

転職サイトに関する情報は以下のリンクから

理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ

あわせて読みたい
理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ 理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ この記事では、おすすめの理学療法士転職サイトを紹介します。 理療法士転職サイトはたくさんあってどれを登...

残業が多い

残業が多い原因で多いことはカルテ記載と書類業務ですね。

カルテ記載に関しては他職種が知りたい情報を簡略して記載、無駄な事は書かないようにしましょう。書類業務に関しては、うまくテンプレート等の導入をして効率化させる事が大切です。

月太郎

残業を減らすにはとにかく無駄を減らす事が重要ですね。

自己研鑽

自己研鑽はとてもお金もかかるし時間もかかります。理学療法士をしていく上で自己研鑽はとても大切です。しかし行けばいい、やればいいというわけではありません。自己研鑽で大切な事は以下の通りです。

  • 原点に戻り患者さんの細かいゴール設定、それを達成できない原因追求、再度ゴール設定このサイクルを繰り返す事で実力がつきます。
  • 参考書を購入する際はよく吟味して購入。
  • 研修会や勉強会も吟味して参加。

まとめると、日々の業務が自己研鑽です。テキトウにやらないようにしましょう。研修会や勉強会はよく吟味して本当に大切だと思うものだけ参加しましょう。

月太郎

私は、日々の業務の中と必要であれば参考書をしっかり吟味して購入しそこから得た知識を技術に変えていく作業をしています。

部下や実習生の指導

まずは、モチベーションを下げさせない事が大切です。モチベーションを上げさせるには、あなたの理学療法を見学させて理学療法効果を実際に見させてみましょう。

月太郎

理学療法の凄さをまず見せつけましょう。「うわっ!すげー!」と思わせたら勝ちです。

ワークライフバランス

ワークライフバランス
ワークライフバランス

職業生活と個人生活のバランスを維持することは、理学療法士にとって重要です。時間管理とストレス軽減が、長期的な職業生活における健康を支えます。

ワークライフバランスの重要性

長時間労働や高い仕事のストレスは、理学療法士の生活の質に影響を与えることがあります。

仕事と個人生活のバランスを保つことは、精神的、身体的な健康を維持するために非常に重要です。中には残った業務を休日にやる人もいます。

また、休みの日は全て学会や研修会も詰め込む人が多いです。これではワークライフバランスが破綻します。

月太郎

休日まで仕事をしているのは心身に悪いですね。業務量の調整をまず行いましょう。

理学療法士で休みが少ないのはワークライフバランスを保てません。下記の記事では理学療法士の休みに関して解説しています。ご覧ください。

理学療法士の休みは少ないのか?あなたの職場は大丈夫?

時間管理とストレス削減

効果的な時間管理とストレス軽減の技法は、仕事とプライベートのバランスを保つために重要です。

ストレスを軽減させるためには、仕事と休息のバランスを見直し、趣味やリラクゼーション活動に時間を割くことが効果的です。

また、運動や趣味など、自分をリフレッシュさせる活動に時間を費やすことは、ストレスを軽減し、全体的な生活の質を向上させることにつながります。

月太郎

オフなところはオフにしておかないといつか心身の限界がきます。しっかりオフの日も作りましょう。

バーンアウトの予防と対策

バーンアウトの予防と対策
バーンアウトの予防と対策

バーンアウトの予防と対策は、理学療法士の業務を継続していくうえで重要です。自己ケアとサポートシステムの確立が重要です。

バーンアウトの徴候と対策

長時間の労働やストレスは、理学療法士にとってバーンアウトを引き起こす主な原因です。バーンアウトの兆候には、疲労感、無気力、仕事への無関心、睡眠障害などがあります。これらの兆候に早期に気付き、適切な対処を行うことが重要です。

月太郎

バーンアウト状態になると一気に理学療法そのものが嫌いになる恐れがあるので早め気づく事と予防が必要です。

自己ケアとサポートシステム

 自己ケアの重要性は言うまでもありません。定期的な休暇の取得、趣味やリラクゼーション活動への時間の確保、そして家族や友人との時間を楽しむことが、心身の健康を保つために役立ちます。また、職場の同僚や上司との良好な関係は、職場でのストレスを軽減します。

月太郎

息抜きと人間関係はとても大切です。

まとめ

まとめ
まとめ

理学療法士としての仕事は多くのストレスを伴いますが、これらのストレスは適切な対処法と戦略を用いることで乗り越えることができます。

人間関係の改善、業務負荷の管理、自己研鑽へのアプローチ、指導のスキル向上など、具体的な対策を講じることで、理学療法士としての職務における満足度と効果を高めることができます。これにより、より充実した職業生活が送れるようになります。

この記事は、現職の理学療法士が日々直面する挑戦に対して、具体的な解決策と対処法を提供し、職業生活の質を向上させるためのアドバイスを行っています。

あなたの悩み解決は俺に任せろ!月太郎でした。

より良い職場を探すのも一つの手段。理学療法士転職サイトに関する情報は以下のリンクから

理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ

あわせて読みたい
理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ 理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ この記事では、おすすめの理学療法士転職サイトを紹介します。 理療法士転職サイトはたくさんあってどれを登...

転職を成功させるために読んでおきたい記事をリンクします。

理学療法士の転職成功へのカギ:戦略的テクニックと必勝法

あわせて読みたい
理学療法士の転職成功へのカギ:戦略的テクニックと必勝法 理学療法士の転職成功へのカギ:戦略的テクニックと必勝法 理学療法士で転職するなら成功させましょう。皆様、転職成功させたいですよね?この記事を読んでいただければ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大型超急性期病院勤務の理学療法士(経験年数10年)の月太郎です。
このサイトは、中堅理学療法士向けに悩み解決と、おすすめの転職サイトを紹介しています。今回お会いできたことをきっかけに人生右肩上がりに変えていきましょう!

月太郎
このサイトは、中堅理学療法士向けに悩み解決と、おすすめの転職サイトを紹介しています。今回お会いできたことをきっかけに人生右肩上がりに変えていきましょう!

カテゴリー

アーカイブ

目次