理学療法士を辞めたいと思った瞬間:私の心の転換点

当ページのリンクには広告が含まれています。

理学療法士を辞めたいと思った瞬間:私の心の転換点

理学療法士としてのキャリアは、患者の生活の質を高めるという大きなやりがいがありますが、時には「辞めたい」と感じる瞬間もあります。この記事では、理学療法士が直面する挑戦を掘り下げ、彼らのキャリアを支える実用的なアドバイスを提供します。

unwavering ptを運営している月太郎です。日々の経験の中から、皆様の悩みを解決するとともに、新たな人生の第一歩を踏み出せるよう転職サイトを紹介しています。

目次

理学療法士は辞める人が多いの?

理学療法士は辞める人が多いの?
理学療法士は辞める人が多いの?

理学療法士は辞める人が多い傾向にあります。特に新人理学療法士の離職が多い印象にあります。

理学療法士の離職率は医療機関で約10.2%、介護福祉領域で18.8%で産業全体の離職率である15%と比較すると、医療機関では少なく、介護福祉領域では高いと言われています。

参考:セラピストプラス

介護福祉領域の離職率が高い理由

介護福祉領域の離職率が高い原因としては、非常勤勤務者が多い事と、様々な疾患を見てみたいというセラピストが医療機関へ転職することが多い事があげられます。

月太郎

たしかに、様々な症例を見たくなってくる野望が湧いてきます。

理学療法士の離職が多い原因

理学療法士の離職が多い事には原因があります。原因は以下の通りです。

  • 職場のストレス
  • 職場環境
  • 給料が安い
  • キャリアアップできない
  • ワークライフバランスが保てない
  • 身体的な負担
  • バーンアウト

この中でも、早急に対応が必要な原因があります。

それは、職場のストレス、職場環境から身体的な負担が加わりバーンアウトになりそうな人です。バーンアウトになってからだと大変なのでその前に対応する必要があります。

結論。転職をおすすめします。

理学療法士の転職には転職エージェントが、おすすめ。以下のリンクはおすすめの転職エージェントを解説しています。是非ご覧ください。

理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ

あわせて読みたい
理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ 理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ この記事では、おすすめの理学療法士転職サイトを紹介します。 理療法士転職サイトはたくさんあってどれを登...

理学療法士としてのキャリアの道のり

理学療法士としてのキャリアの道のり
理学療法士としてのキャリアの道のり

 理学療法士としての道は、専門知識と技術が求められるものです。新人理学療法士は特に、初年度の挑戦が多く、業務の圧力や新しい環境への適応が必要とされます。この期間には、「辞めたい」と感じる瞬間もありますが、これは成長過程の一部です。

理学療法士の職務と役割

理学療法士は、患者のリハビリテーションを通じて、その生活の質を向上させる責任を担っています。日々の業務は患者のニーズに合わせた治療計画に伴うリハビリテーションをする事です。

新人理学療法士の一年目の壁

新人理学療法士は、病院や施設の環境に慣れ、さまざまな医療技術や患者対応スキルを学ぶ必要があります。この過程で感じるストレスは、多くの場合、「辞めたい」という感情につながることがあります。

月太郎

慣れないうちのオーバーワークは本当に大変。

中堅理学療法士のやりたい事の確立

中堅理学療法士となるとやりたい事が確立してきます。人によっては、今働いているところではやりたい事のスキルを磨けない人もいるでしょう。その際は転職も一つの方法です。

月太郎

やりたい事が確立した時は新たな再出発のチャンスです。

理学療法士(リハビリ職)1年目のつらい気持ちから辞めたい気持ち

理学療法士(リハビリ職)1年目のつらい気持ちから辞めたい気持ち
理学療法士(リハビリ職)1年目のつらい気持ちから辞めたい気持ち

理学療法士での退職者は新人で多いです。退職するにはいくつかの理由があります。理由は以下の通りです。

  • 仕事に慣れない
  • 上司からのパワハラ
  • 職場に馴染めない
  • 理学療法士が想像していたものと異なる

順番に解説していきます。

仕事に慣れない

新人理学療法士では、仕事に慣れるまでに時間がかかります。仕事に慣れない状態でどんどん患者数が増えていき情報処理がてきなくなって追い込まれる新人をたくさん見てきました。

追い込まれる状況になってしまうと負のスパイラルから抜け出す事が大変です。

月太郎

ここは上司がうまく新人の力量を見てコーディネートしないといけませんね。

上司からのパワハラ

上司からのパワハラは新人理学療法士が辞めたくなる理由の上位に入ります。

パワハラをする上司にあたるかあたらないかは正直な所、運になってしまいます。

解決策としては、管理職にパワハラの現状を相談、あるいは転職を考える事が必要です。

月太郎

パワハラをするような上司からは何も学べません。貴重な時間を無駄にしないようにしましょう。

人間関係に悩んでいましたら下記のリンクをご覧ください。

クズな理学療法士の対応に悩むあなたへ:解決策ガイド

職場に馴染めない

職場にはそれぞれ特色があります。和気藹々としている所もあれば、静かすぎてキーボードの音しかしないような所もあります。馴染めなくて、それがストレスに感じるようでしたら転職を視野にいれた方がいいです。

月太郎

転職する前に必ず見学に行って雰囲気を感じとっておこう。

理学療法士が想像していたものと異なる

新人理学療法士では、初期の段階で想像していたものと異なることがあります。仕事も慣れないといけない状況や、忙しいすぎて機械的になってしまうと陥りやすいです。

ここで大切な事は、仕事に慣れるまではすぐに見切りをつけずに少しずつ自分のキャリアプランを考えていく事が必要です。

月太郎

新人のうちは業務をこなすことが精一杯。まだまだ見切りをつけるには早いよ!

辞めたいと感じる瞬間:理学療法士のリアルな声

辞めたいと感じる瞬間:理学療法士のリアルな声
辞めたいと感じる瞬間:理学療法士のリアルな声

理学療法士は、職場の環境や人間関係のストレスにより、「辞めたい」と感じることがあります。特に、患者ケアへの情熱と現実の職場状況との間で葛藤を抱えることが一因です。

職場の環境とストレスの理由

理学療法士が「辞めたい」と感じる主な理由の一つは、職場の環境です。これには過重な業務量、不十分なリソース、上司や同僚とのコミュニケーションの問題などが含まれます。

  • 過剰な業務量
  • 上司からのパワハラ
  • 他職種とのトラブル
  • やりがいの不一致
  • 給与が低い

それぞれ順番に解説していきます。

過剰な業務量

過剰な業務量には様々な種類がありますね。例えば以下の事があります。

  • 持ち患者さんの人数が多すぎる
  • 単位ノルマが高すぎる
  • 業務後勉強会が多い
  • 書類業務が多量で細かい
  • カンファレンスが多すぎる

などがあります。

上記にあげた内容が合致する人はいると思います。あなたの職場はどうでしょうか。全部当てはまってたらかなりブラックな職場です。世の中の職場はこれに全く当てはまらない職場もあります。

以下のリンクでは、理学療法士の単位ノルマについて詳しく解説しています。

リハビリの単位ノルマ!あなたの職場は大丈夫?無理してない?

以下のリンクでは理学療法士の残業事情についていて書く解説しています。

理学療法士の残業事情!あなたの残業は本当に大丈夫? 解決策は?

上司からのパワハラ

パワハラにも種類があります。例えば

  • ネチネチダラダラと指摘される
  • 「おまえセンスないから辞めろ」などの罵声
  • 揚げ足取り
  • 過剰な教育(フィードバックがながすぎる)

などがあげられます。

経験上多い事は挙げ足取りですかね。

月太郎

パワハラは本当に腹が立ちますね。挙げ足取りは本当に多いです。私も揚げ足ばかり取られていました。

パワハラがひどすぎる場合の解決策

  • 実力をつける
  • 言い返す(実力がついていないと難しい)
  • 転職

とにかく我慢はしすぎないようにしましょう。

他職種とのトラブル

他職種とのトラブルは意外とあります。例えば

  • 何かあるとだいたいリハビリのせいにされる。
  • 患者さんに対する意見のぶつかり合い
  • なにがなんでもクレーム

患者さんのための意見のぶつかり合いは良い効果をもたらすこともあります。他の2つは揚げ足取りですね。

月太郎

チーム医療は大切。みんな一丸となって協力できたらいいのですが。

やりがいの不一致

やりがいの不一致は中堅理学療法士だけでなく、最近は新人理学療法士でも起こります。

例えば

  • 中堅で中枢系を見たいのに、整形外科チームに決まってやりがいがなくなった。
  • 新人では、業務が多忙すぎて想像していた理学療法士像と違った。
月太郎

確かにやりがいの不一致かもしれませんが、少し我慢して続けてみるとまた新しい道が見える事も。それでも見えなければ転職もアリ!

給与が低い

20代の理学療法士の給料は1年目や2年目の20歳〜24歳で335万7800円。25歳〜29歳では392万300円となっています。

厚生労働省:令和4年度賃金構造基本統計調査より

これらの平均給料より低く、今後の昇給も見込められなければ転職をおすすめします。

月太郎

転職で給料アップする可能性が上がります。

下記のリンクでは20代理学療法士の手取りについて解説しています。

理学療法士の給料事情!20代セラピストの手取りは?

理学療法士の職場環境の現実

理学療法士の職場環境の現実
理学療法士の職場環境の現実

理学療法士が働く環境は多岐にわたり、スキルアップを掴みやすいですが、同時にストレスの原因となることもあります。ここでは、その現実について詳しく掘り下げます。

日々の業務とチャレンジ

理学療法士は日々、患者の評価、治療計画の策定、リハビリテーションの実施など多岐にわたる業務を担います。

これらの業務は高い専門性を要求されるため、特に新人理学療法士にとっては大きな壁になります。新人、中堅が共に壁となる事は過剰な業務量です。

新人だけでなく中堅も忙しい中で難渋する症例を担当したりチームの管理業務もしたりします。かなり大変です。

施設と病院での職場状況

理学療法士が働く施設や病院によって、職場環境は大きく異なります。一部の施設では、リソースの不足や職場の人間関係の問題が「辞めたい」と感じさせる要因になることもあります。

月太郎

人員不足は過剰な業務となる事が多いです。人間関係もとても大変。辞めたくなりますよね。

急性期病院で人員不足だとかなりシビアです。下記の記事では急性期病院で忙しい時の解決策を解説しています。ご覧ください。

忙しい急性期の理学療法士が実践する時間管理術

ストレスとの向き合い方:実践的なアドバイス

ストレスとの向き合い方:実践的なアドバイス
ストレスとの向き合い方:実践的なアドバイス

理学療法士が「辞めたい」と感じる原因の多くはストレスに関連しています。ストレスの原因を理解し、それに効果的に対処する方法を探ります。

ストレスマネジメントのテクニック

ストレスを管理するためには、自己認識の向上、効果的なコミュニケーション、リラクゼーション、趣味に没頭するなどが有効です。これらは、職場でのストレスに対処し、「辞めたい」という感情を軽減するのに役立ちます。

月太郎

何かストレス軽減できる事を探してみましょう。

メンタルヘルスのサポート

メンタルヘルスの問題は職場でのパフォーマンスに大きく影響するため、適切なサポートシステムの利用が重要です。これには、職場のメンタルヘルスプログラムやカウンセリングがあります。

月太郎

自分で追い込みすぎるのは良くないです。実際ここまで追い込まれてたら転職しましょう。

今現在で気持ち的に負担の多い人は下記の記事にて対応策について解説していますのでご覧ください。

職場のストレスを乗り越える:理学療法士のうつ病予防法

キャリアの岐路:進むべきか、辞めるべきか

キャリアの岐路:進むべきか、辞めるべきか
キャリアの岐路:進むべきか、辞めるべきか

理学療法士はキャリアのある時点で、現状維持を選ぶか、転職を選ぶかという重要な決断を迫られることがあります。そのような状況での選択肢とその影響を考察します。

キャリアの選択と方向性

キャリアの岐路に立ったとき、「辞めたい」と感じるかもしれませんが、その決断は慎重に行う必要があります。キャリア目標、現在の職場の状況、市場の動向などを考慮することが重要です。

たとえば、今の職場でしか資格を取れない事があったり、知識、技術をつらいけどまだ学びたいという気持ちがある場合など。

月太郎

その場の感情で辞めることを即決しないようにしましょう。辞めて後悔する人も多いです。

転職の検討とその影響

転職を検討する場合、新しい職場での可能性、待遇の改善、職業的成長の機会などを考慮する必要があります。しかし、新たな職場でも同様の問題に直面する可能性があることを理解しておくことも大切です。

月太郎

転職に失敗しないように転職エージェントを利用することをおすすめします。

以下のリンクでは理学療法士転職の失敗に関して解説しています。

転職前に読むべき!理学療法士のための失敗しない転職戦略

転職を考える前に試すべきこと

転職を考える前に試すべきこと
転職を考える前に試すべきこと

理学療法士が転職を考える前に、現在の職場での改善の可能性を探ることが重要です。これには、職場内のコミュニケーションの改善や、業務プロセスの見直しなどが含まれます。

職場での状況の再評価

現在の職場での問題を詳細に分析し、それらを解決するための具体的なステップを検討することが重要です。これにより、「辞めたい」という感情の根本的な原因に対処することができます。

月太郎

何が原因かを明らかにして、それを変える事ができるか考える事が必要。

キャリアパスの再考

転職を考える前に、自分のキャリアパスを再考し、長期的な目標を見つめ直すことが大切です。これは、将来のキャリアの方向性を定めるうえで役立ちます。

月太郎

自分はどうでありたいかを考えましょう。そこがブレていると転職してもフワフワしたままです。

キャリアアップのための研修と資格

キャリアアップのための研修と資格
キャリアアップのための研修と資格

理学療法士としてのキャリアアップには、継続的な学習と資格の取得が不可欠です。これにより、専門知識を拡充し、より良い患者ケアを提供することが可能になります。

資格の取得

理学療法士としての専門性を高めるためには、追加の資格取得が有効です。これにより、専門的な知識と技術を深め、成長を促進することができます。

月太郎

自分を高めるために自己研鑽は必要です。資格がすべてというわけではありません。

専門スキルの拡充

継続的な学習と研修を通じて、新しい治療技術やリハビリテーションの方法を学び、専門スキルを拡充することが大切です。スキルアップは大きな武器になります。

月太郎

何か自分が提供できる武器を用意できると他のセラピストとは頭一つでます。

理学療法士のためのメンタルヘルスケア

理学療法士のためのメンタルヘルスケア
理学療法士のためのメンタルヘルスケア

理学療法士の仕事は精神的にも肉体的にも要求が高いため、メンタルヘルスのケアが極めて重要です。自己の心身の健康を保つことは、患者さんへの良質なケアを提供するためにも欠かせません。

個人のウェルビーイングの重要性

自身のウェルビーイングを維持することは、ストレスやバーンアウトを防ぎ、「辞めたい」という感情を抑制するのに役立ちます。

定期的な自己ケアとリラクゼーションは、メンタルヘルスを保つために重要です。

サポートリソースの活用

職場のメンタルヘルスサポートプログラムや外部のカウンセリングサービスなど、利用可能なサポートリソースを積極的に活用することが大切です。これにより、職業生活におけるストレスを効果的に管理することができます。

仕事のやりがいと挑戦:続ける理由を見つける

仕事のやりがいと挑戦:続ける理由を見つける
仕事のやりがいと挑戦:続ける理由を見つける

理学療法士としての仕事は、多くの挑戦を含んでいますが、それと同時に大きなやりがいもあります。このセクションでは、理学療法士として続ける理由を探ります。

患者との関わりとリハビリの影響

理学療法士として患者と直接関わることで、患者さんの生活の質を向上させることができます。患者さんの回復や進歩を目の当たりにすることは、仕事を続ける大きな動機となります。

月太郎

理学療法を提供して、患者さんがよくなると嬉しいですよね。やりがいが生まれます。

職業としての満足感

理学療法士として専門知識を活かし、患者の健康をサポートすることによりやりがいを得ることができます。このやりがいは、「辞めたい」と感じたときに考え直す必要があります。

月太郎

俺は理学療法士として何がやりたいんだ?と諭してみましょう。

職場での人間関係の構築

職場での人間関係の構築
職場での人間関係の構築

職場での人間関係は、理学療法士の職業と生活において重要な要素です。良好な人間関係は、職場の雰囲気を改善し、仕事の効率を高めることに寄与します。

コミュニケーションの改善

効果的なコミュニケーションは、職場内の誤解や対立を防ぎ、チームワークを強化します。良いコミュニケーションは、職場のストレスを軽減し、「辞めたい」という感情を和らげることができます。

対人であるためコミュニケーションを取ったら必ず解決するわけではありませんが取らずして辞めたい気持ちがどんどん膨らむのは勿体無いです。

月太郎

人との誤解や対立は、面と向かって話す他ありません。私は、解決したりしなかったり半々でした!揉めると、その病棟に行くだけでストレスでした。

効果的なチームワーク

チームワークを持つことは、職場の効率性を高めるだけでなく、個々の理学療法士が職場での役割をより効果的に果たすことを可能にします。

互いにサポートし合う文化を築くことで、仕事のプレッシャーが軽減され、「辞めたい」と感じる瞬間を減らすことができます。

月太郎

チーム医療は本当に大切。お互いサポートし合うのが大切。チームワークが良いと本当に仕事がスムーズ!

転職市場での理学療法士の需要

転職市場での理学療法士の需要
転職市場での理学療法士の需要

理学療法士のスキルは医療業界で常に需要があり、転職市場でも多くの機会が存在します。ここでは、理学療法士として転職を考える際の市場の状況とチャンスを解説します。

今は転職の時期なのかどうかを確認したい方は以下の記事で確認してみましょう。

理学療法士が転職を考えるベストタイミングは?何年目が理想か …

理学療法士の市場動向

理学療法士の職は、高齢化社会の進展に伴い、ますます重要性を増しています。転職を考える際は、現在の市場動向と将来の展望を理解することが重要です。

月太郎

理学療法士が年々増えすぎていると言われていて需要と供給バランスが破綻しかけています。

求人の見極め方

求人を選ぶ際には、職場環境、待遇、キャリアアップの機会などを慎重に検討する必要があります。良い職場選びは、「辞めたい」と感じる瞬間を減らし、スケジュールに沿った良質な転職を可能にします。

以下のリンクでは、理学療法士転職を成功させるコツについて解説しています。

理学療法士の転職成功へのカギ:戦略的テクニックと必勝法

あわせて読みたい
理学療法士の転職成功へのカギ:戦略的テクニックと必勝法 理学療法士の転職成功へのカギ:戦略的テクニックと必勝法 理学療法士で転職するなら成功させましょう。皆様、転職成功させたいですよね?この記事を読んでいただければ...

転職エージェントの選び方と活用法

転職エージェントの選び方と活用法
転職エージェントの選び方と活用法

転職を成功させるためには、適切な転職エージェントの選択が重要です。エージェントは、理学療法士としてのキャリア目標を達成するための有益なリソースとなりえます。

転職サポートの活用

転職エージェントは、個々のニーズに合った求人の紹介や面接のコーチングなど、様々なサポートを提供します。これにより、理学療法士は自分に合った職場を見つけやすくなります。

エージェントの選択基準

エージェントを選ぶ際には、その専門性、業界における評判、提供するサービスの質などを考慮する必要があります。適切なエージェントの選択は、転職活動の成功に大きく寄与します。

以下のリンクは月太郎がおすすめする転職エージェントを紹介しています。

理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ

あわせて読みたい
理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ 理学療法士・PTおすすめ転職サイト3選 迷ったらまずはこれ この記事では、おすすめの理学療法士転職サイトを紹介します。 理療法士転職サイトはたくさんあってどれを登...

転職しない選択:仕事への新たなアプローチ

転職しない選択:仕事への新たなアプローチ
転職しない選択:仕事への新たなアプローチ

理学療法士として転職を考えることは一つの選択ですが、現在の職場での状況を改善し、新たなアプローチを試みることも重要です。職場での変化をもたらすことは、キャリアの満足度を高めることにつながります。

職場内でのロールの変更

現在の職場内で異なる役割や責任を担うことで、新しいキャリアアップの機会を得られます。これにより、キャリアに新たな活力を与え、「辞めたい」という感情を転換することが可能です。

月太郎

例えば担当チームが変わるだけでも気持ちが変わったりします。同じチームにウザイ人がいる時は効果的。私はとても気が楽になりました。マジで仕事のパフォーマンス上がりました!

長期的なキャリアプランニング

自身のキャリア目標を見直し、長期的な計画を立てることで、職業生活に新しい方向性を見いだすことができます。これは、現在の職場での成長と進歩につながります。

月太郎

目標を見直す事はとても大切です。何か新しい考えが浮かぶかも。

職場でのライフワークバランスの重要性

職場でのライフワークバランスの重要性
職場でのライフワークバランスの重要性

理学療法士としての仕事は、時には過酷であり、ライフワークバランスの維持が必須です。仕事とプライベートのバランスを取ることは、ストレスを溜めないために重要です。

バランスの取り方

仕事と私生活のバランスを取ることは、ストレスの軽減と全体的な生活の質の向上につながります。時間管理や優先順位の設定は、このバランスを保つための重要な要素です。

月太郎

毎日仕事ですと間違いなくストレスです。息抜きは必ず必要。どんなに大変でも絶対休みましょう。無理しすぎるとどんでん返しにあいます。

ストレスの軽減

趣味や運動などのリラクゼーション活動を取り入れることで、仕事のストレスを効果的に軽減することができます。これにより、理学療法士としての職業生活がより充実したものになります。

HSPの方はライフワークバランスが必要不可欠です。下記の記事では実際に職場や働き方について解説していますので是非ご覧ください。

HSPの理学療法士:敏感なあなたのための健康戦略

Q&A:理学療法士を辞めたい

Q&Aテーマ:理学療法士を辞めたい
Q&Aテーマ:理学療法士を辞めたい

理学療法士の職を辞めたいと考える方々のためのQ&Aを以下に挙げます。

理学療法士の仕事を辞めたいと思う主な理由は何ですか?

理学療法士が仕事を辞めたいと思う理由には、過度のストレス、職場環境、キャリアの成長機会の欠如、物理的な疲労、仕事とプライベートのバランスの問題などがあります。

理学療法士を辞めた後のキャリアパスにはどのような選択肢がありますか?

理学療法士のスキルは他の健康関連職にも有用で、医療コンサルタント、医療機器営業、医療分野の教育者、リハビリテーションコンサルタントなど、様々なキャリアへの転職が可能です。

理学療法士を辞めたいと感じたら、どのようなステップを踏むべきですか?

まずは自身の感情と理由を理解し、キャリアのアドバイザーや信頼できる同僚と相談し、必要なスキルや資格を考慮しながら次のキャリアの選択肢を探しましょう。

理学療法士の仕事を辞める前に考慮すべきことは何ですか?

金銭的な影響、キャリアの安定性、新しい職場での適応能力、家族やライフスタイルへの影響などを考慮し、計画的に移行を進めることが重要です。

理学療法士の仕事を辞めて後悔することはありますか?

個人により異なりますが、新しいキャリアが期待に沿わない場合や、理学療法士としての専門性を失うことへの不安など、後悔を感じる可能性はあります。だからこそ、転職前に十分な情報収集と自己分析が重要です。

  

まとめ:理学療法士としての自己実現

まとめ:理学療法士としての自己実現
まとめ:理学療法士としての自己実現

理学療法士としてのキャリアを積んでいくには多くの壁にぶち当たります。それには大きなやりがいと自己実現の機会が含まれています。この記事を通じて、理学療法士が直面する課題を乗り越え、充実した職業生活を送るための具体的なアプローチを解説してきました。

職業としての達成感

理学療法士としての仕事は、患者の回復を支援し、生活の質を向上させることで、大きな達成感を得られます。患者さんが良くなるととても嬉しいですよね。

個人的な成長と将来の展望

理学療法士は、常に学びと成長の機会があります。個人的な成長と専門性の向上は、将来のキャリアにおいてさらなる可能性を開くことにつながります。経験を積むことで、より複雑なケースに対応できる能力が高まり、理学療法士としての満足度も増します。

この記事を通じて、理学療法士としての直面する様々な壁、それに対する具体的な対処法、そしてキャリアを通じての自己実現の方法を解説しました。

理学療法士は、単に医療技術の専門家であるだけではなく、患者の生活を豊かにする大きな役割を担っています。この重要な役割を果たす中で、「辞めたい」と感じる瞬間もあるかもしれませんが、これらの課題を乗り越え、キャリアを通じて大きな達成感と満足感を得ることができるはずです。

理学療法士としての道は挑戦に満ちていますが、それには大きな意義が伴っています。

月太郎

あなたの悩み解決は俺に任せろ!月太郎でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大型超急性期病院勤務の理学療法士(経験年数10年)の月太郎です。
このサイトは、中堅理学療法士向けに悩み解決と、おすすめの転職サイトを紹介しています。今回お会いできたことをきっかけに人生右肩上がりに変えていきましょう!

月太郎
このサイトは、中堅理学療法士向けに悩み解決と、おすすめの転職サイトを紹介しています。今回お会いできたことをきっかけに人生右肩上がりに変えていきましょう!

カテゴリー

アーカイブ

目次