考える直すなら今だ!理学療法士が増えすぎている大問題と解決必勝法!

当ページのリンクには広告が含まれています。

考える直すなら今だ!理学療法士が増えすぎている大問題と解決必勝法!

理学療法士は増えすぎていると聞いた事が一度はあると思います。理学療法士が増えすぎているという事はとても重大な問題を引き起こしています。ここから解説する内容をしっかり読んでいただき、この先どうしたら良いかまで解説してあります。

unwavering ptを運営している理学療法士の月太郎です。日々の経験の中から、皆様の悩みを解決するとともに、新たな人生の第一歩を踏み出せるよう転職サイトを紹介しています。

目次

理学療法士は増えすぎている

理学療法士は増えすぎている
理学療法士は増えすぎている

理学療法士の数が増えすぎている現状は、日本の医療界に大きな影響を与えています。この増加は理学療法士の業界にとって良い面も悪い面も存在しますが、今回はその影響について詳しく見ていきましょう。特に、理学療法士と増えすぎの問題は、医療現場の質と労働環境に深刻な影響を与えています。

国家試験合格者は毎年何人?

理学療法士の国家試験合格者は毎年増加しています。理学療法士養成校の数が増え、より多くの学生が理学療法士を目指すようになったからです。例えば、2023年には約15,000人が国家試験に合格しています。これは過去最高の数字であり、毎年の増加傾向が続いています。参考:https://www.mhlw.go.jp/

理学療法士養成施設も増えている

理学療法士養成施設の数も急増しています。この増加は、理学療法士という職業が高い需要を持つことを示しています。しかし、養成施設の急増に伴い、教育の質や実習環境の確保が課題となっています。例えば、新設校の増加により、経験の浅い教員が増えたり、実習先の確保が困難になるケースも見られます。

月太郎

それにしても養成校は増えすぎました。

日本の理学療法士の人数は増えすぎ

日本の理学療法士の数は他国に比べて多く、これが問題視されています。過剰供給により職の確保が難しくなる点が挙げられます。

例えば、2020年時点で約150,000人の理学療法士が登録されており、これは世界の中でも高い数値です。医療現場における理学療法士の役割は重要ですが、その増加速度が問題を引き起こしています。参考: https://www.japanpt.or.jp/

世界と比較すると日本はどうなのか。

日本の理学療法士の数は世界的に見ても多いです。理由は、他国と比較して理学療法士養成校が多く、毎年多数の卒業生を輩出しているからです。

具体的には、アメリカでは約200,000人の理学療法士がいますが、日本はそれに迫る数であり、人口比で見ればさらに多いと言えます。日本の理学療法士の数が世界水準を大きく上回っていることは、国内の労働市場に特有の課題を生んでいます。

人口数から見ると日本は増えすぎです。アメリカの理学療法士の価値は高いですが日本は価値が低下してきています。

月太郎

理学療法士の人数が増える前は理学療法士なら将来安泰と言われていました。

理学療法士が増えすぎて飽和状態になる

理学療法士が増えすぎて飽和状態になる
理学療法士が増えすぎて飽和状態になる

理学療法士が増えすぎている結果、業界は飽和状態に陥っています。この飽和状態は、理学療法士自身のキャリアに大きな影響を与えるため、深刻な問題となっています。供給過多の状況が続くと、理学療法士としての職場確保が困難になり、キャリアパスの見直しが必要となるでしょう。理学療法士・作業療法士は2040年頃には供給数が約1.5倍となると予測されています。

月太郎

早めの対策を取らないといけません。

理学療法士が増えすぎている事による将来性

理学療法士が増えすぎている事による将来性
理学療法士が増えすぎている事による将来性

理学療法士が増えすぎていることは、将来のキャリアにどう影響するのでしょうか。将来のキャリア展望には障壁がたちはばかります。過剰供給により競争が激化するからです。

具体的には、新卒の理学療法士が希望する職場に就職できないケースが増えています。したがって、自分自身のスキルアップが必要不可欠です。最新のリハビリ技術や知識を習得し、他の理学療法士と差別化を図ることが求められます。

月太郎

認定理学療法士や専門理学療法士という資格が増えましたよね。そういうことです。

オワコンと言われる理学療法士、増えすぎが原因

オワコンと言われる理学療法士、増えすぎが原因
オワコンと言われる理学療法士、増えすぎが原因

理学療法士は「オワコン」と言われることがありますが、その原因は増えすぎにあります。増えすぎた結果、理学療法士の市場価値が低下し、キャリアパスの多様性が減少するという問題が生じています。

給料が上がらない

理学療法士の給料が上がらない理由は、増えすぎによる供給過多です。

具体的には、新卒理学療法士の初任給が他の医療職と比較して低いことが挙げられます。医療機関はコストを抑えるため、給料を抑制する傾向があります。そのため、理学療法士の給料はなかなか上がりません。

その他にも昇給率が悪く経験年数が高くても給料がなかなか上がらない事があります。

月太郎

現在は給料が下がったという声は聞きますが逆に上がったという声は聞かなくなりました。

スキルが給料に反映されない

理学療法士のスキルが給料に反映されない理由は、増えすぎによる競争の激化です。

具体的には、高度なスキルを持っていても、給料があまり変わらない現実があります。スキルの差異が評価されにくい環境では、モチベーションの低下や離職率の増加が懸念されます。

特にモチベーションの低下が顕著になります。スキルを磨いたとしても評価してもらえないことは辛いです。

理学療法士が増えすぎるデメリット

理学療法士が増えすぎるデメリット
理学療法士が増えすぎるデメリット

理学療法士が増えすぎることには多くのデメリットがあります。これらのデメリットは、個々の理学療法士だけでなく、医療機関全体にも影響を及ぼします。

給料相場が低い

理学療法士の給料相場が低い理由は、増えすぎによる競争の激化です。

具体的には、平均年収が他の医療職と比較して低いことが挙げられます。過剰供給の状態では、給与交渉が難しくなり、全体の給料相場が低下します。

年収が300万という職場も存在します。他の職場には300万円以上はザラにあります。

月太郎

転職を考えるのもいいよ!

一般的な理学療法士の平均年収

理学療法士の平均年収は以下の表の通りとなります。

職種/年収・給与・賞与額年収給与額(月給、月収)年間賞与額
PT・OT・ST447万8000円31万3700円71万3600円

この表より低い方がたくさんいると思います。しかし場所によっては5年目程で500万円を超える人もいます。

昇給率が低い

理学療法士の昇給率が低い理由は、増えすぎによる供給過多です。

具体的には、昇給が少なく、キャリアアップが難しい状況があります。多くの理学療法士が同じ職場に集中することで、昇進の機会も限られてしまいます。

月太郎

昇進したとしても額面上で全く変わらないという事もあります。

就職先が減っていく

理学療法士の増えすぎは就職先の減少を引き起こします。

具体的には、新卒者の就職先が限られ、希望する職場に就職できないケースが増えています。これにより、理学療法士の就職難が深刻化し、ミスマッチの問題も発生します。新卒者だけでなくこれから転職を考える方にも就職難がしてしまう可能性が高いです。

資格重視とした評価になる

資格重視の評価が増える理由は、理学療法士の増えすぎによる競争の激化です。

具体的には、実際のスキルよりも資格の数や種類が重視される傾向があります。これにより、実際の業務能力よりも形式的な評価が優先されることがあります。

月太郎

スキルを判断する事はとても難しいです。資格であれば簡単な判断材料になるため評価されやすいです。

理学療法士が増えすぎ問題で生きていくために必要な事!

理学療法士が増えすぎ問題で生きていくために必要な事!
理学療法士が増えすぎ問題で生きていくために必要な事!

理学療法士が増えすぎている現状で生き残るためには、以下のポイントが重要です。これらのポイントを意識することで、競争の激しい環境でも自分のキャリアを築くことができます。

理学療法士としての技術を高める

競争が激化してきているため理学療法士技術を高めることが必要です。

具体的には最新のリハビリ技術や知識を習得することが挙げられます。自己研鑽を怠らず、継続的にスキルを磨くことで、他の理学療法士との差別化を図ることができます。

月太郎

日々の臨床一つ一つを大切に技術を磨いていきましょう。

取れる資格はとっておく

資格を取ることが有利となっています。資格が評価の基準となるからです。それは、専門資格や認定資格を取得することで、理学療法士としての市場価値を高めることができます。

例えば、「認定理学療法士」や「スポーツ理学療法士」などの専門資格は、自身の専門性を証明する強力なツールとなります。これにより、職場での評価が高まり、キャリアアップの機会が増えます。

月太郎

確かに専門資格があると最低限の知識はあるという判断になります。

早めに自分のニーズに合った職場に転職

自分に合った職場に早めに転職することが重要です。理由は、職場選びがキャリアに大きな影響を与えるからです。転職では、より良い待遇や環境を獲得する事ができます。

例えば、病院勤務からスポーツクリニックや介護施設への転職を考えることで、自分の専門性や働き方に合った職場を見つけることができます。理学療法士が増えすぎている現状では、柔軟なキャリアプランが求められます。

月太郎

転職前に自分は何を専門的にやっていきたいかを考える事が必要!

理学療法士が増えすぎの中勝ち組になれるのか?

理学療法士が増えすぎの中勝ち組になれるのか?
理学療法士が増えすぎの中勝ち組になれるのか?

理学療法士が増えすぎている中で勝ち組になるためには、以下のポイントが重要です。

今の収入をアップさせる

収入をアップさせる必要があります。それは、生活の質を向上させるためです。

具体的には、副業やフリーランスとしての活動を始めることが挙げられます。例えば、個人でリハビリセッションを提供する、オンライン講座を開催するなど、収入源を多様化することが可能です。これにより、理学療法士としての収入を安定させることができます。

月太郎

収入を確実に増やせる方法は転職です!

ライフワークバランスを整える

ライフワークバランスも必要な要素となります。長期的なキャリアを維持するためです。ストレスを感じる事でライフワークバランスは一気に破綻していきます。ライフワークバランスが整っていないと次に進む事も困難になりかねません。

例えば、過剰労働の職場であれば転職をする事でライフワークバランスを獲得できる条件の職場に就く事で解決できます。

月太郎

心の余裕がないと何事もうまく進みません。

明確なキャリアプランを立てる

目標を明確にするために、キャリアプランを立てることが重要です。

具体的には、5年後や10年後のキャリアビジョンを描くことが挙げられます。例えば、将来的に理学療法士の教育者になる、研究者として新たな治療法を開発するなど、具体的な目標を設定することが大切です。これにより、理学療法士としてのキャリアを計画的に進めることができます。

キャリアプランも必要ですが、資金運用のプランもしっかりと立てておきましょう。

理学療法士で勝ち組になるために読んでおきたい記事はこちらから

転職は理学療法士増えすぎ問題で今から解決できる必勝法

転職は理学療法士増えすぎ問題で今から解決できる必勝法
転職は理学療法士増えすぎ問題で今から解決できる必勝法

理学療法士が増えすぎている問題を解決するためには、転職が一つの有効な手段です。

転職を成功させるために転職エージェントを利用する

転職を成功させるためには転職エージェントを利用する事がとてもおすすめです。転職エージェントは好条件の案件をたくさん持っています。そして、転職者サポートも充実しているためより効率的な転職が可能となります。

月太郎

私がおすすめする転職エージェントはレバウェルリハビリです。

レバウェルリハビリの口コミを見てみる

\ 転職必勝法の先陣武器となる /

転職エージェントは最低でも3つ登録しておく事をおすすめします。

おすすめの転職サイトに関する記事はこちらから

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントの利用には多くのメリットがあります。理由は、個々のニーズに応じたサポートが受けられるからです。ほとんどの方が高収入、働きやすさを求めていると思います。転職エージェントでしか得ることのできない情報も満載となっています。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントの利用にはデメリットも存在します。それはエージェントによってサービスの質が異なるからです。

例えば、希望に合わない求人を紹介される場合があることが挙げられます。また、エージェントのサポートに依存しすぎると、自分自身のキャリア形成に対する主体性が低下する可能性もあります。自分のニーズやキャリアビジョンをしっかりと持ち、自分で判断することが重要です。

月太郎

デメリットを減らすために転職エージェントは最低3つ登録しておく必要があります。

月太郎が理学療法士が増えすぎていて困っている事

月太郎が理学療法士が増えすぎていて困っている事
月太郎が理学療法士が増えすぎていて困っている事

私が理学療法士が増えすぎていて困っている事は、給料が上がらない事です。理学療法士が増えすぎている事により理学療法士自体の価値が低下しています。どこにでも理学療法士がいる状況。他のコメディカルと比較しても群を抜いて増えています。増えすぎた理学療法士に高い給料をという概念はかなり難しい状況です。また、資格が評価対象となってきています。資格を取るのも維持するにもお金がかかってしまいます。投資しないと評価されない、しかし給料は低いし昇給を低いという現状です。

月太郎

私はスキルを磨く事で上のポジションに就く事ができました。

理学療法士増えすぎ問題に関するQ&A

理学療法士増えすぎ問題に関するQ&A
理学療法士増えすぎ問題に関するQ&A

ここでは、理学療法士が増えすぎている問題に関するよくある質問に答えていきます。

理学療法士の将来性はどうですか?

増えすぎているため、将来性には課題がありますが、スキルアップや専門資格の取得により、キャリアの道は開けます。例えば、特定の専門分野でのスキルを磨くことで、他の理学療法士との差別化が図れます。

理学療法士としての収入を上げるにはどうすればいいですか?

副業やフリーランスとして活動する、または専門的なスキルを磨いて高収入の職場に転職することが有効です。具体的には、スポーツリハビリや訪問リハビリなど、特定の分野での需要が高い職場を探すことが効果的です。

転職を考えるタイミングはいつが良いですか?

自分のキャリアに停滞を感じた時や、現在の職場に満足できないと感じた時が転職を考える良いタイミングです。早めに行動を起こすことで、理想の職場に転職できる可能性が高まります。

資格はどのように選べば良いですか?

自分のキャリア目標に合った資格を選ぶことが重要です。例えば、スポーツ理学療法に興味がある場合は、「認定スポーツ理学療法士」の資格取得を目指すと良いでしょう。

理学療法士の仕事のバランスを保つためにはどうすればいいですか?

ライフワークバランスを保つためには、働き方を見直し、自分に合った勤務形態を選ぶことが重要です。例えば、フレックスタイム制度を利用したり、リモートワークを取り入れることで、仕事とプライベートのバランスを取ることができます。

まとめ

まとめ
まとめ

ここまで理学療法士が増えすぎている事で生じている問題やこれから先の問題まで解説していきました。結論。給料面では待っていても給料は上がりません。業務過多な職場の業務もよっぽどの事がない限り減りません。今の現状を変えるには転職を1番おすすめします。私のサイトでは、悩み解決を中心に解説している記事がありますので是非活用してみてください。

月太郎

あなたの悩み解決は俺に任せろ!月太郎でした!

転職を成功させたいあなたへ!

転職を成功へと導く記事はこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大型超急性期病院勤務の理学療法士(経験年数10年)の月太郎です。
このサイトは、中堅理学療法士向けに悩み解決と、おすすめの転職サイトを紹介しています。今回お会いできたことをきっかけに人生右肩上がりに変えていきましょう!

月太郎
このサイトは、中堅理学療法士向けに悩み解決と、おすすめの転職サイトを紹介しています。今回お会いできたことをきっかけに人生右肩上がりに変えていきましょう!

カテゴリー

アーカイブ

目次